大きく分けて三種類


包茎とは、通常亀頭が包皮で包まれており、外部から確認できない状態の陰茎を指します。

包茎と一言でいっても種類があります。「真性包茎」とは、包皮口が狭く、亀頭を出すのに困難をきたすもの。
「仮性包茎」とは、自分の意思で亀頭を露出することが可能ですが、普段は包皮が被っている状態をいいます。
では、「カントン包茎」とはどのようなものでしょうか。
包茎と名前がついてはいますが、種類を指すわけではありません。
亀頭に対し、包皮口が非常に狭いか、皮の伸びが悪いために引き起こされる症状です。
無理な力を加えることによって包皮を剥くことにより、亀頭が不完全に露出させられ、圧迫される状態をいいます。

ですので、包皮口が狭い人が無理やりに亀頭を出そうと躍起になると、仮性包茎、真性包茎を問わず「カントン包茎」に陥ってしまうのです。
もしカントン包茎になってしまったらどうすればよいでしょうか。
焦りは禁物です。まず亀頭をなるべく小さくするように手で押しつぶし、包皮で包み込みましょう。
しかしあまりにも締め付けられ、包皮が元に戻らない時もあります。
血行がストップし、最悪の場合亀頭が壊死してしまいますので緊急を要します。すぐに受診してください。

よって無理やりに剥く、というのは大変危険な行為です。
試してみて痛みを感じるようであればそれ以上無理をせず、包皮を元に戻す余裕をもってください。
そして痛みがひくまで安静が必要です。

カントン包茎にならないように、包皮口を少しずつ広げる訓練をしていきましょう。
包皮は伸びます。焦らず時間をかけて、まずは仮性包茎を目指します。
仮性包茎になれば、露茎になることも夢ではありません。

二種類という考え方


包茎は、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と、3種類あるといわれています。
しかし、厳密に言うと、カントン包茎は真性包茎、仮性包茎の状態から、無理やり包皮をめくらせた結果、亀頭をうっ血させた症状のことを指す説もあるようです。
よって2種類、と考えるのが妥当でしょう。

では、この2種類の包茎の違いについて考えましょう。
おおまかにいうと、真性包茎は程度の差こそあれ治療を要することが多いですが、仮性包茎は病気ではありません。
真性包茎は、常に包皮に包まれているため、清潔にすることが困難なことから様々な病気を生み出すことになります。
不衛生から生ずる様々な病気とは、炎症や、性病、ガンなどです。
不潔の要因である恥垢を排除できないことによって、これら病気を発症する恐れが充分にあるのです。
よって、こういった重度の包茎は、早めの受診、処置を要します。
仮性包茎は、自ら恥垢を洗い流すことができる場合のみ心配はありませんが、難しい場合はやはり受診するべきでしょう。
ポイントは、恥垢の除去ができるか否かです。

日本男性は約8割が仮性包茎という事実があります。
なぜなら人は仮性包茎で産まれてくるからです。
一番自然の形であり、本来の姿であるといえるでしょう。

真性包茎は勿論ですが、仮性包茎の場合についても常に包皮に覆われていることには変わりありません。
入浴時にはきれいに恥垢を除去するよう心がけ、常に清潔を保つことができれば、包茎絡みの病気と無縁な生活が送ることが出来ます。
恥垢が残りやすい、または自分の包茎がいまいちどういった状態か判断しづらい場合は、迷わず専門の医師に相談ましょう。

最新情報

2013年5月14日包茎手術
消極的になってしまう
2013年5月7日包茎手術
逆包茎手術の需要
2013年4月30日包茎手術
他人には相談できない
2013年4月23日包茎手術
気持ちの整理
2013年4月16日包茎とは
メリットも知る

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップYahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ